Updated on 19-06-18

耐震等級3でロ-コスト住宅は可能か? 静岡県地震地域係数Zs1.2と耐震等級3のZ1.5の比較。

1

地震に対する強さの比較として、

耐震等級1(建築基準法同程度Z=0.8~1.0)、
  数百年に一度発生する(阪神淡路大震災、東京では震度6~7)地震に対して倒壊、
     崩壊しない強さ。

耐震等級2(Z×1.25倍の強さ)耐震等級1の1.25倍の強さ。

耐震等級3(Z×1.5倍の強さ)耐震等級1の1.5倍の強さ。

に分かれています。


今まで静岡県でも耐震等級1の建物が建てられてきていましたが、

東海地震を考慮して、平成29年10月着手の建物からは

"静岡県地震地域係数Zs=Z×1.2が義務化になりました。

重量鉄骨の建物では耐震等級別に構造計算した場合は、

大幅に鉄骨断面(材料の大きさ、厚み)が変わります。 ※下図参照 

それに伴い、基礎構造も割り増しになります。当然、価格もUPします。

性能が無視され、ただ価格だけで "安い" "高い" の評価がされがちです。

当社の重量鉄骨は、標準仕様で耐震等級3で構造計算していますが・・・?

狭小住宅、間口が狭い家、プランが構造的に無理している家、軟弱地盤の土地、

大型重機が入れず杭が施工出来ない場合など耐震等級3が取れない場合もあります。

1軒1軒のプラン条件や敷地の状態により構造も変わり価格も変わってきます。

1

アイディースリー地域係数.png

1

Updated on 19-06-17

重量鉄骨アイ・ディー・スリーが、事務所・店舗・二世帯住宅に採用される理由

住宅の建築には一般的に大きくわけると
木造軸組み工法・木造パネル工法・鉄骨プレハブ工法・軽量鉄骨工法
重量鉄骨工法・コンクリートパネル工法・鉄筋コンクリート工法と
さまざまな工法があります。

その中でもアイ・ディー・スリーでは、重量鉄骨工法を得意として施工しています。
なぜ、重量鉄骨工法なのか? 
重量鉄骨工法にはどんなメリットがあるのか?
私達、アイ・ディー・スリーが選ばれているのには様々な理由があります。
重量鉄骨工法は主に、どんな建物に向いているのか考えてみましょう。
「2世帯住宅」「店舗、事務所付き住宅」「駐車場付住宅」「屋上付き住宅」「地震に強い住宅」「狭小地住宅」「2.5階住宅」などなど

大空間や自由な間取りを望まれる方、地震や津波が心配な方などは、木造や軽量鉄骨工法よりも重量鉄骨工法がお客様には好まれています。

それは重量鉄骨工法が建物を柱で支える工法で、様々なメリットがあるからなんです!!

アイディースリーが事務所店舗二世帯に強い理由.png

メリットってなんだ?

①1階に耐力壁が必要なく、柱だけで支えられるから広い空間が確保出来る
  3台並列駐車も可能で雨の日も楽々。
  体力壁がないので、中は自由自在の空間が可能。 

②テナントや事務所、スタジオにも最適    
  建物前面をガラス張りにできる。
  2階床をコンクリートの床にすれば防音UPも。

③間取りも自由自在    
  木造のように各階の間取りに合わせて設計する必要もなく、
  1センチ単位で各階の間取り変更自由自在。

④狭い敷地にも対応
  柱で支えるので狭小方向の耐力壁が不要です。
  狭小地でもお好みの間取りが出来ます。

⑤リフォームにも最適
  重量鉄骨の建物は間仕切り壁がどこでも取れ、新しい間取りも出来る。
  1階を駐車場に店舗にリノベーション、駐車場や店舗から二世帯住宅などにも
  簡単にリフォームできます。



Updated on 19-06-14

重量鉄骨3階建て8層住宅のご提案

静岡市内で静岡駅に近い徒歩10分から15分圏内の土地価格が急騰しています。

1~2年前に坪90万程度の相場の土地が今や坪140万まで上昇です。

便利で貴重な狭小敷地を最大限に有効利用するために考えた

重量鉄骨3階建て8層住宅の提案をします。

重量鉄骨3階建て8層住宅.jpg

Updated on 19-06-13

静岡は梅雨真っ只中・・カビに注意?

梅雨真っ只中です。

自宅では早速、除湿機がフル稼動していました。

室内干しも増え、暫くはじめじめした生活が続きそうです。

先日のパナソニックのショ-ル-ムでの『住まいのお手入れセミナ-』で

各所のカビとり・汚れとりの方法を教えていただきました。

重曹、酢、アルコ-ルを使って梅雨時のカビの除去に励みたいと思います。

1

お手入れ.jpg

1

お手入れ1.jpg

1

1

当日のお掃除おすすめ商品です。

洗剤.jpg

Updated on 19-06-07

空家問題と補助金と相続処分

住宅総数に対する空き家の比率が、

2018年度は13.6%(7.35軒に1軒が空き家)と過去最高になりました。

身近にも古い住宅や入居者のない住まいが多く見うけられます。

国の支援制度も出来てきました。

『セフティ-ネット住宅への改修』や『マイホ-ム借り上げ制度』などは

多額な補助金や有利な賃貸条件があります。 

昨年あたりからは相続による空き家の売買のための取り壊しや、

リノベ-ションの依頼、又 中古住宅購入時のインスペクションの相談も

多くなりました。

空き家を負の財産にしないで有効に活用することは、

地域社会に貢献できる重要な仕事と考えます。