Updated on 18-04-10

静岡市産材をふんだんに使った園舎が完成し、パンフレットに掲載されました。

当社で施工管理し、静岡市の『ぬくもりの森空間事業』を活用した

静岡市清水区興津中町のふたば保育園様の園舎が完成し、

静岡市産材 柱・土台プレゼントのパンフレットに掲載されました。


静岡市SGEC森林認証材を構造にも、内装にもたっぷり使用した木造平屋の園舎です。

なんと静岡市森林認証材は、このふたば保育園が第1号で、今年度1棟のみとの事。

『木を植える』『育てる』『使う』『植える』というサイクルを繰り返す事で、

静岡市の森林環境を保全を担っています。

 

↓ クリックすると大きくなります。

オクシズ材パンフふたば.jpg

 

当社 担当者のブログより

外部のウッドデッキも静岡市の桧。

素足にとても気持ちがいい空間です。

 

風も良く通り抜ける保育室。

木の香りとやさしさがいっぱいです。

 

保育室につながる午睡室。

構造の柱を表した『真壁』 

とっても、落ち着く空間デス。

 

わかる人にはわかる?この梁がここにある価値

色々な人が、完成してから見学に来ましたが、

木材関係の方は100% いいね  しました。

 

離乳食やミルクを作る調乳室

調理員さんからも、食堂の子供たちの顔がよく見えます。

 

月齢差の大きな子供たち一人一人に対応した離乳食やミルクを作る調乳室は、

衛生と機能が最優先

調理⇒配膳⇒下膳 が流れるように進む動線です。

 

子供たちの生活習慣のひとつ。

下足入れ。

小さな靴をきれいに並べるのも習慣です。

 

 

 

Updated on 18-01-25

寒い日が続き、エコキュートの凍結のご連絡を頂いています。

大寒が過ぎたというのに・・・寒い日が続いています。

奄美大島では、115年ぶりに雪を観測したとか・・・

 

2413ba8226a671833e75fc31693513d6_s

 

当社で建築して頂き、エコキュートを設置したお客様から

お湯が出ないとお電話を何件かいただきました。

 

エコキュートを建物の北側などに設置した場合、

最低気温が氷点下近辺になると配管が凍結してお湯が

出なくなってしまうことがあります。

早い方で、午前9時頃には解消しましたが、

午後1時の時点でも、「まだ出ない」方がいらっしゃいました。

 

まだまだ寒い日が続くようです。

エコキュートの配管が凍結しない予防策として

お湯を一晩中、すこ~し蛇口から出しっぱなしにしておくと

配管が凍結しないそうです。

もったいないなぁと思ってしまいますが、朝 お水で顔を洗うよりいいですね。

Updated on 17-10-06

受注工事内容の変化

彼岸も過ぎ早10月です。

朝晩は肌寒ささえ感じるようになりました。

最近の我社の受注工事内容に変化が見られます。

従来はほとんどが住宅関連でしたが、近頃は非住宅の案件が増えています。

大型作業所付店舗付き住宅とか工場新築兼改修とか

又国策による0歳児対策の幼稚園の工事などです。

自社の設計施工もありますが、設計事務所様の監理のものもあります。

規模も大きく特殊な設備や機械が設置される場合もありますので

住宅の施工と違った知識や現場管理が必要になります。

 

 

 

Updated on 17-08-12

終活、相続、の空き家対策と不動産売買

終活を心がける人や父母の相続問題から発生する空き家や空地の不動産売買の話や

住まいの改修の話が多く寄せられるようになりました。

不動産などの財産処分に関しては、諸々の法律が関連しますので

処分方法などは弁護士さんや司法書士さん経理士さんなどと相談しながら進めないと

お客様に思わぬ損害を与えてしまいます。

限られた期間内に処分が決まれば税務上も有利となります。

今朝の新聞では、1300万円で購入した別荘が10万円で処分できて

子供達に迷惑が掛からなくて良かったと・・との記事がありました。 

団塊の世代が70歳前後に達しています。

これからこのような話が多くでてくることでしょう。