Updated on 17-06-15

梅雨時の壁紙クロスのカビ...お困りではありませんか?

紫陽花やあやめの季節になりました。

この時期、湿気の多い浴室や洗面・トイレなどの壁紙クロスにカビが生え

お困りのお客様が多いようです。

一度カビが生えると、どんどん広がり掃除するのもかなり大変になります。

重曹や酢を使った掃除方法が、安全で利用しやすい方法です。

まず、酢をつけた雑巾でカビを拭きとり、水に溶かした重曹をスプレーで吹きかけ

ふき取る。

酢は殺菌効果が高くカビを死滅させることができ、重曹もカビが好む石鹸カスなど

様々な汚れを分解してくれるので、予防効果バツグンです。

カビの原因は湿気ですので

 ・洗面、トイレの風通しを良くする。

   (夜や日中、窓を開けておく。風の通り道をつくる。)

 ・洗面やトイレ近辺に除湿機をかけ、湿気をとる。

 ・クロス壁はカビが付きやすいので、メラミン化粧合板などの

     すぐ拭き取れる材料に変える。

 上記のような対策をして、カビが生えないようにする心掛けも必要ですね。