Updated on 18-04-10

静岡市産材をふんだんに使った園舎が完成し、パンフレットに掲載されました。

当社で施工管理し、静岡市の『ぬくもりの森空間事業』を活用した

静岡市清水区興津中町のふたば保育園様の園舎が完成し、

静岡市産材 柱・土台プレゼントのパンフレットに掲載されました。


静岡市SGEC森林認証材を構造にも、内装にもたっぷり使用した木造平屋の園舎です。

なんと静岡市森林認証材は、このふたば保育園が第1号で、今年度1棟のみとの事。

『木を植える』『育てる』『使う』『植える』というサイクルを繰り返す事で、

静岡市の森林環境を保全を担っています。

 

↓ クリックすると大きくなります。

オクシズ材パンフふたば.jpg

 

当社 担当者のブログより

外部のウッドデッキも静岡市の桧。

素足にとても気持ちがいい空間です。

 

風も良く通り抜ける保育室。

木の香りとやさしさがいっぱいです。

 

保育室につながる午睡室。

構造の柱を表した『真壁』 

とっても、落ち着く空間デス。

 

わかる人にはわかる?この梁がここにある価値

色々な人が、完成してから見学に来ましたが、

木材関係の方は100% いいね  しました。

 

離乳食やミルクを作る調乳室

調理員さんからも、食堂の子供たちの顔がよく見えます。

 

月齢差の大きな子供たち一人一人に対応した離乳食やミルクを作る調乳室は、

衛生と機能が最優先

調理⇒配膳⇒下膳 が流れるように進む動線です。

 

子供たちの生活習慣のひとつ。

下足入れ。

小さな靴をきれいに並べるのも習慣です。