駿河湾を望む防災住宅 エレベーター付重量鉄骨3階建て 静岡市清水区

駿河湾を望む防災住宅 エレベーター付重量鉄骨3階建て 静岡市清水区

1

1

1

 

 

(3階ベランダからの駿河湾)

1

海が間近なため津波浸水想定区域(静岡市ハザードマップ)で、

1

2019年の台風19号の際には興津川が氾濫危険水を超えて『避難指示』が出ました。

1

しかし、洪水や津波などが起きても、ながされにくい重量鉄骨。

構造は、消防署と同じ 耐震等級3。

一棟ずつ、地盤調査から構造計算まですべて実施しています。

重量鉄骨の基礎は、木造や軽量鉄骨などで採用されいてるべた基礎とは異なり、鉄骨の柱を支える基礎と、基礎と基礎をつなく地中梁などで構成します。

現場で見ると、豆腐のような四角いコンクリート塊。

手前の基礎は1.8m×1.8mで、畳2枚分の大きさのコンクリートの塊デス。

1

 ↓↓ コンクリートを打つ前の鉄筋を組んだ状態 ↓↓

コンクリートの中は、鳥かごのように鉄筋を組んであります。

 

 

25cm角の太い重量鉄骨鋼材はビルやマンションにも使用されています。
4寸桧柱40本分の圧縮強度があり、鉄骨柱の肉厚9mm~16mm。
家族を守る住まいを消防署と同じ耐震強度でつくっているのです。

1

1

インテリアのデザインは、もともと落ち着いた雰囲気を好まれたお客様と、昔のお宅の仏壇の横に置かれていたウシとゾウの置物が似合うコーディネートを提案させていただきました。