• ホーム
  • アイディースリーのリフォーム

省エネ 断熱リフォーム

省エネ・断熱リフォーム

夏は涼しく冬は暖かい。そして外の騒音も気にならないのが現在の住まい。
断熱材や窓のリフォームをして断熱効果を上げる工事をすれば年間の電気代や灯油代は確実に減らす事が出来るので絶対にお得!補助金も活用すれば更にお得!

室内温熱環境の身近な制御方法として、一昔前までは"夏は扇風機"、"冬はストーブ"、といった感じであったかと思いますが、最近ではエアコンや床暖房などが多く利用されるようになってきています。しかしこの制御の方法は電気や石油などのエネルギーを必要とし、また、利用するためにはお金がかかります。真夏や真冬に電気等の請求書を見てびっくりすることもあるのではないでしょうか。住宅の本体でエネルギーの消費を少なくする対策が施されていれば、冷暖房などで制御する必要が少なくなり、これが電気代などを少なくすることに繋がります。適切な省エネリフォームを実施することは、居住空間が快適になり、家計の負担が少なくなるばかりでなく、地球環境にもやさしい住まい方が可能になるということです。

ヒートショックという言葉を聞いたことがありますか?聞きなれない言葉ですが、ヒートショックが原因で亡くなる方は年間1 万人以上いると言われています。しかし、ヒートショックというのはどんな状態で、どうすればヒートショックを防げるのかというのは、案外知られていないのではないでしょうか?

ヒートショックとは暖かい場所から寒い場所に移動した時に、体が受ける急激な温度変化のこと。
例えば冬季、暖かいリビングから暖房のないトイレや洗面室に移動した時に、血圧が急激に上昇したり、脈拍が早くなったりする。この急激な血圧変動が原因で、脳出血や脳梗塞、心臓マヒを起こす高齢者が多いのが現状です。住宅の断熱化や気密化を進める他にも、断熱タイプの浴室や便座暖房のあるトイレに変えるなどの設備も見直して、家中の温度を一定に保つなどの工夫でヒートショックなど急性的な死亡事故の確率を減らす事も出来るのです。

リフォームブログはこちら

リフォーム・リノベーションの事例はこちら

前のページに戻る

お問い合わせ・資料請求は