忘れた頃にやってくる『地震災害』に備えが必要です!静岡市

先日 夜に首都圏で最大震度5強を観測した地震がありましたね。

10年前の東北大震災の時以来という大きな揺れだったそうで、

その混乱ぶりが ニュースでも大きく取り上げられています。

私の子供たちも、東京に暮らしていますので

すぐにラインで安否確認しましたら、

『とっても揺れて怖かった!』と口を揃えて返信来ました。

 

10年前は、私もたまたま東京に居て、『その時』は 家に帰れずに

宿を求めて 新橋から東京タワーまで夜の中 歩いていた事を思い出してしまった次第です。

 

昨日は昨日で、JRの変電所の火災の影響で JR在来線の多くの運行に支障が生じて

やはり多くの交通難民が溢れた、なんて大きなニュースもありましたね。

中々 過去の災害の教訓が生かされない状況に

今後の具体的な対策を望む声が大きくなると思いますが、

まずは、身の回りの小さな事から 自らが一つ一つ見直していければ、

そんな想いを新たにしておりますです。

例えば、以前このブログでもご紹介しました『シェアサイクル』。

静岡市でも、あちこちに見掛ける様になりました。

私の息子たちにも、折り畳み式自転車での通勤を勧めていますが、

アフターコロナのニューノーマルとしても、

生活形態の変化が必要なんですよね。

 

話は元に戻りますが、

災害時用の避難訓練がこのコロナ禍の中 、近年は実施されていません。

大勢の人が密に集合する事への懸念も叫ばれています。

まずは、一番身近なご自宅の耐震対策が重要ではないでしょうか。

耐震に優れていれば、一番近い非難場所となり得ます。

 

私たち、池田建設では、創業当時からの

『耐震・耐火にすぐれた建築物をつくる』理念に基づき

今までも、これからも

『安全で安心、快適な住環境を提供し地域社会に貢献する。』

想いを持ち続けて行きます。

 

地震災害対策住宅のアイディースリー。

災害対策リフォーム相談会のお問合せはこちらからどうぞ!

 

重量鉄骨住宅のご案内はこちらをご覧ください!

 

耐震木造住宅のご案内はこちらをご覧ください!

 

耐震リフォームの事でしたら、こちらをご覧ください!

 

いつ襲ってくるか判らない地震災害。

その備えは今からでも遅くは無いと思います。

災害の記憶は時が経つと薄れてしまいますが

何度も何度も繰り返し お知らせしていきます。

 

地元に暮らす皆様の『安全・安心』を守りたい想いを

従業員一同、持ち続けて行きます!

 

 

 

 

 

11月の毎週末は、鉄骨リフォーム・耐震リフォーム相談会を開催しています。

静岡支店(静岡市駿河区曲金2丁目3-8)は、毎週土曜日・日曜日

本  社(静岡市清水区興津本町192)   は、毎週土曜日のみ

 

 

 

鉄骨リフォーム相談

鉄骨の中古住宅を購入。プラン・見積をしてほしい。

今住んでいる鉄骨住宅を二世帯にリフォームしたい

鉄骨造の倉庫を、事務所や住まいにしたい。

などお考えの方、お気軽にご相談ください。

重量鉄骨を手掛けて40年以上!

経験と実績の池田建設㈱にお任せください!!

1

当社鉄骨リフォーム施工例 ↓

1

最近お問合せが増えているのが、鉄骨のガレージ兼倉庫や事務所を購入され、

お住まいにリフォームする工事です。

1

1

1

耐震リフォーム相談

 

地震で家が壊れないか心配!

ひと部屋だけ頑丈な部屋を作りたい。

などのお問合せが増えています。

当社は耐震補強工事の実績があります。

 

静岡県ではいつ来るかわからない東海地震に備えてTOUKAI-0を進めています。

こちらTOUKAI-0の静岡県のパンフレットです。

熊本地震の時の写真で、倒壊した家で道がふさがれています。

緊急車両が通れず救助が遅れたり、救助を求めている人の所に辿り着けなくなってしまいます。

家族の命を守るため、ご近所のみなさまの命を守るためにも、県では昭和56年以前の家に補助金を出して耐震補強をすすめています。

当社は耐震補強工事の実績があります!

DSCN1085

まずは耐震診断を。

熊本地震の繰り返しの揺れにも耐えた制震装置を展示しております。

熊本地震では、昭和56年以前の家だけでなく、まだ新しい家が倒壊したり傾いたりしました。

柱や壁、筋違などの配置バランスが悪いことにより起こったのです。

県の補助金の対象となる昭和56年以前だけでなく、平成12年以前の耐震基準で建築された住宅は一度耐震診断をして、安全かどうか確認することをお勧め致します。