地震に耐える建物の強度を保つには、正確な設計図と施工管理と維持管理が必要です。

北陸で震度6の地震が起きました。
津波注意報も出て、避難する人達も多かったようです。
以前、新潟地震で地盤の液状化で4階建てのアパ-トが転倒したことが
思い出されます。
このような大きな地震のたびに建築基準法が変わり、建物の強度が増します。
地震災害地に視察に行く都度に倒壊した建物を見ると、
本来強度がある建物のはずが、手抜き工事や施工ミスであったり、
又 白蟻被害や雨漏り、結露で構造木材が腐り強度が失われている建物が
多く見られました。
設計図と施工管理と維持管理を含めた建物強度の保全が必要です。

耐震基準法改正について.jpg