最新 Io T 設備、実は高齢者向けだった!? 

スーパーマーケットに行くと、「ペッパー君」ってロボットが 突然話しかけてきたり、

お邪魔したお宅には、「アレクサ!」 「OK、グーグル!」 って 話しかけると

答えてくれるスマートスピーカーが あったり、

石田ゆり子さんが、「ただいま♥」って言うと 電気が点いちゃうコマーシャルに

うっとりしたりと、容赦なく 時代は変わっていくようです。

照れと、恥ずかしさと、無知に囚われている私は、

出遅れている次第であります。

先日、そんな IoTを住宅に活用すべくセミナーに参加してまいりました。

IMG00482_HDR.jpg

住宅設備が インターネットと繋がり、制御や遠隔操作を行う事が出来ます。

IMG00483.jpg

スマートスピーカーに話しかけて、繋がっている機器や家電を操作します。

「は~い、それでは皆さん、実際に声を掛けて実践してみましょう!」

なんて、司会の女性に言われても、いざとなると やはり照れちゃいますよね。

でも 印象的だったのは、「実は高齢者の方の方に対して効果的である」という事。

一人暮らしの高齢者の話し相手になったり、または 見守りの意味もあったり。

高齢者の方の方が、気軽に話しかけるそうです。

弊社の社員には、スマホでもアレルギーが起きる ガラパゴス人がいますので、

かえって、使いこなせるのでは、と思ってしまった私でした。