“はらぺこあおむし” 登場に 癒しを貰いました。

気が付くと道路脇の緑地帯や、近所の住宅のお庭周辺にも

雑草が生い茂っている、そんな光景を良く見掛けます。そんな季節ですよね。

砂利を敷いた敷地の中にも、あちらこちらに雑草が生えてきて

お庭を持たれている方には、ちょっと憂鬱にもなってしまう時期でもあります。

ほんの僅かしか無い 当社の植込み部分にも、油断すると

あっという間に 雑草が生い茂ってしまいます。

でも 今の梅雨時でしたら、地面が湿って その雑草も抜きやすいので

気が付くと 草取りの毎日です。

先日 私の妻が、 自宅のやはり ネコの額ほどの庭の草取りをしていましたら、

3匹の『あおむし』が現れたそうです。

ちよっと苦手な私の妻は、遠くへ逃がしてあげたそうですが、

その時の “あおむし君” がこちら。

そういえば、絵本『はらぺこあおむし』の作者  エリック・カールさんが

先日亡くなられたニュースを思い出しました。

私達も子供が小さい頃に とてもお世話になった絵本です。

戦争による不遇な少年時代を送ったエリック・カールさんが

その後出会った 色彩あふれる絵画から影響を受けて

数々の絵本を生み出したそうです。

私も苦手な “あおむし君” なので  あまり直視出来ない 弱虫ですが、

同じ虫同士、何事もポジティブ思考で

そのキレイな容姿に癒しを感じている次第であります。

雑草を取り除いて、紫陽花たちも キレイに咲いてくれるといいな、

そんな 休日のひとコマでございました。