暑中お見舞い申し上げます! 

『暑中お見舞い申し上げます。』

まさに うだるような暑さの毎日ですが、

皆様、いかがお過ごしですか。

東京オリンピックでは、連日のメダルラッシュでヒートアップしていますから

寝ぼけまなこをこすりながら 出勤している方も多いのではないでしょうか。

オリンピックの影に隠れそうな『新型コロナ感染症患者増加!』

のニュースにも しっかりと関心を寄せながら、

不要不急の外出を控える毎日でございますね。

さて、暑中お見舞いのお話しに戻しますが

お世話になっています方からの『暑中お見舞い』を頂きます。

弊社でも、夏季休暇のお知らせを兼ねて 現在工事中のお客様へと

『暑中お見舞い』のお葉書を出させて頂いています。

イベントのご案内等は、出来るだけ 直接お客様に手渡ししたいと思っていますが

お忙しいお客様には お手紙にて お知らせさせて頂きます。

 

お手紙を出す為の「ポスト」について ちょっとだけお話しさせてください。

私達会社の地域には、昔ながらの赤ポストが多く残っています。

以前、『東海道興津宿』の事をブログに載せさせて頂きましたが

その際にもご紹介しました昔ながらの『赤ポスト』

正式名称は『丸型庇付ポスト』と言うそうです。

明治45年(1912年)に誕生したそうですから、

今年で109歳にもなります!

今年で創業105年目を迎えました弊社よりも もっと歴史が深いんですね。

最近一つ減ってしまい、地元周辺には 3か所の『丸型庇付ポスト』が存在しています。

(・・・私が知る限りでは。)

想いを込めたお手紙をこの『丸型庇付ポスト』に投函する時、

何故か古き良き時代のロマンを感じてしまうのは 私だけではないと思います。

遠く離れて暮らす家族に会えない 今のこのご時勢ですが、

ラインのメッセージでは伝えられない想いを、

手紙に託して 伝えたい、そんな気分に浸ってしまう今日この頃でありました。

 

余談ですが、本日 7月28日は 夏の土用の丑の日ですね。

『土用の丑の日』って 春、秋、冬にもあるって知ってました?

夏の土用の丑の日には、『う』のつく食べ物か青魚を食べると良いと言われていて

まさしく『ウナギ』を食べて、夏バテ対策にスタミナ補充にもってこいですよね。

値札をチラ見しながら、『どうしようかな?』と迷いながら

前日の卓球『みまじゅんペア』に勇気と元気をもらって、

そんな優柔不断な想いを断ち切ろう!と もがく私でございました。

 

久しぶりの長い独り言で失礼致しました。