『防災住宅』が『脱炭素社会実現』に向けても貢献出来るんです! 

昨日まで『雲一つ無い青空!』って気持ちいいよね~\(^o^)/

・・・なんて浮かれていましたら、

一転して 本日は朝から どんよりした曇り空となりました。

まさに『女心と秋の空』ですよね。

でも、昔は『男心と秋の空』とも言っていたそうです。

大正時代くらい、女性の地位向上が叫ばれた頃から、

『女心』と詠まれたそうです。

昨今はジェンダーレスの時代ですから、

『人の心と秋の空』と 訂正したいと思います。<m(__)m>

今週末は地元の幼稚園で 運動会が開催されます。

残念ながら、関係者の皆様だけの参加にての実施となり

応援に行く事は出来ませんが、

お子様たちの 元気な歓声が、この空の元に響き渡る事を願っています。

 

さて、お話しは変わりますが

今国際的に一番の関心事は 『COP26』に関わる報道と

今後の地球温暖化対策に 具体的に私たちが出来る事は何?、

ではないでしょうか。

『脱炭素社会』の実現目標に向けて『再生可能エネルギー』の活用と

冷暖房エネルギー消費を抑える『断熱性』と『気密性』の優れた

『省エネルギー住宅』の普及が私たちに課せられた使命でもあります。

 

エネルギーの自足住宅は、自然災害時の備えにもなります。

『太陽光発電システム』により発電した電力を『畜電池』に溜めれば

停電時でも電源が確保出来ます。

電気自動車をお持ちの方なら、ご自宅に『V2H』機器を設置すれば

やはり停電時でも電気自動車の電力をご家庭で使う事が出来ます。

お馴染みの『エコキュート』の貯湯タンク内には

2~3日分の生活用水が常時確保されています。(4人家族を想定)

細かい事ですが、雨水(雨樋)の再利用も 雑排水利用として有効です。

『もしもの時の備え』が、『省エネルギー』、

そして『ゼロエネルギー』に繋がって、

『脱炭素社会』の目標にも繋がっていくんです。

私たちは、その様な『未来への備え』をこれからも提案していきます!

当社では 毎週末の相談会を実施しています。

メールやお電話でも お問合せお待ちしておりますので

☞☞☞ こちらからお問合せください!

 

・・・再び独り言コーナーです。

前回、せっかちな寒ざくらをご紹介しましたが、

こちらは 今の時期に咲き始める『椿』の花を見付けました。

近所の公園で見つけたのですが、

正直言いまして、『椿』なのか『山茶花』なのか

見分けがついていません。

花の散り方を見ればわかるのですが、

葉っぱの形を良く見ても・・・、まだ不明です。

これから、毎日見守って その正体を見極めたい!

そんな小さな事に拘ってしまう 今日この頃でありました。