Updated on 2020-09-11

家族団らんには、『音』 も大切な要素ですよね。 快適なリビング空間。スピーカー付照明のお話。

先日、あるお客様のお宅にお伺いして お話を聞かせて頂いている時、

気になったのは・・・、

『リビングの横に寝室があると、テレビの音がうるさくて心配。』というお話。

実は 私の家でも、 最近 テレビの音について 気になる事があります。

耳が聞こえづらくなったせいもあるのですが、

テレビの音量がいつの間にか すごく大きくなってしまっています。

夫婦でも 耳の聞こえには 差があると思いますので、

こんな事がいつの間にか ストレスに発展しなければよいのですが・・・。

気付かないうちに、こんな事が起きている事実に ハッとさせられます。

 

そんな時、弊社の社員より こんな提案があった事を思い出しました。

リビングの天井にある照明器具にスピーカーがついている商品があるんです。

ダウンライト、という天井に埋め込まれた照明器具にスピーカーが付いた商品がありましたが

シーリング、という天井直付けの照明器具にも そのような商品が発売されました。

座っている位置の真上近くに照明器具を配置すれば、

テレビの音を大きくしなくても 聞こえやすいのは確かです。

 

前回のブログで、テレビドラマに はまってしまっている事は

カミングアウト してしまいましたが、

家族間の平和の為に・・・早速 考えてみます!

 

リフォームをお考えの方には 是非 お勧め致します!

アイ・ディー・スリー 池田建設株式会社

本  社 : 静岡市清水区興津本町192  tel 0120-844-384

静岡支店 : 静岡市駿河区曲金2丁目3-8 tel 0120-333-271

沼津営業所 : 沼津市大手町5-9-21 マルトモビル4F tel 0120-333-271

木造住宅なら  HP【https://happiness-fas.com

重量鉄骨構造なら  HP【http://www.id3.co.jp

 

 

 

 

 

Updated on 2020-09-04

お家時間で想う事・・・。自宅に約1㎡の集中空間って何だ? 『KOMORU-コモル-』

お家時間が増えている昨今。

特に夜間は外への外出も控えて、自宅で過ごす日々が続いております。

そんな『お家時間 』を楽しませてくれる私のテレビドラマのお話

・・・は後にして、

お家時間を有意義に過ごすご提案をさせて頂きます。

 

新築のお宅では、ご主人様が籠る約1坪の書斎を良く設計致します。

その書斎の中には ネットが出来て、本棚が豊富にあって、

エアコンも完備して、手の届くところに欲しいものが置ける様にして・・・、

等々 ご主人様の『遊び場』をご提案したりします。

奥様には キッチン横に 『ユーティリティースペース』のご提案します。

アイパッドを置いて レシピの確認や話題の商品検索が出来るカウンター、

やはり本棚等 棚板を設定して しばしの読書時間を楽しんだり、

アイロンもかけられるスペースがあったり・・・、

とにかく 楽しく過ごす為のお家生活を考える事は、とても楽しいです。

 

そんな時、こんな商品が現れました。

『笑わない男』が何やら悦に入った様子で 集中していますね。

組立式の簡単デスクキットの

『パナソニック KOMORU-コモル-』のご紹介です。

すぐに組立て可能で簡単に置くだけの集中スペースです。

『会社のデスクにも これが欲しい!』と思ってしまった私でした。

『・・・事務所の一番隅っこで籠りたい。』 すみません、独り言です。

ご興味がある方は、こちらまで お問合せください!

アイ・ディー・スリー 池田建設株式会社

本  社 : 静岡市清水区興津本町192  tel 0120-844-384

静岡支店 : 静岡市駿河区曲金2丁目3-8 tel 0120-333-271

沼津営業所 : 沼津市大手町5-9-21 マルトモビル4F tel 0120-333-271

木造住宅なら  HP【https://happiness-fas.com

重量鉄骨構造なら  HP【http://www.id3.co.jp

 

・・・ところで、私のお家時間での楽しみでもあります

『テレビドラマ』のお話。

日経新聞でも、そのヒット性の分析記事が書かれていましたが、

『半沢直樹』と『私の家政夫ナギサさん』の2番組を

私も楽しみに見させていただいております。

言うまでもなく、『半沢直樹』では、嫌な上司や役人たちを

痛快にやり込める様が サラリーマン達の共感を得ていますよね。

私もついつい 顔を歪めながら 見入ってしまっています。

かたや『私の家政夫ナギサさん』は ほのぼのして 安心して見られるって

女性に大人気の様です。

両極端なドラマですが、どちらのドラマにも共通したキーワードが

あるように思えてしまいます。

『自分中心』『自分ファースト』ではなく、

『お客様が求めているモノやサービス』

『相手を思いやる気持ち』等を考え直さなければ、

という事なのかな、と勝手に感じております。

今のこの閉塞気味な世の中だからこそ、

もっと周りが見える様になりたい、と テレビドラマを見ながら

感じている オジサンでありました。

 

 

Updated on 2020-09-03

非住宅、事務所・工場・倉庫等々の営繕工事も対応させて頂いております!静岡市清水区

私たち会社では、

地元で永くご商売をされているお客様とのお付き合いもさせて頂いておりますが

そのお客様からのご用命で、

工場や事務所、車庫や倉庫の営繕工事にも対応致しております。

 

昨今の新型コロナウィルスの影響で、

ご商売に多大な影響を及ぼしているお客様も いらっしゃいます。

お客様の社長様や工場長様と 良くお話しをさせて頂きますが

皆さま、本当にご苦労されながら、しかし前を向いて頑張られています。

お話を聞きながら、『自分も負けていられない!』想いを新たにします。

 

この時期を利用して 新しい機械を設置される工場内の営繕工事中です。

古い機械を撤去した後、床仕上げ材の張替え工事中・・・。

土間の乾燥に注意しながら 張替えが無事に完了しました。

工場の天井も張替え工事中です。

この様な破損個所も修繕していきます。

細かい部分であっても、衛生的に注意を払いながら仕上げていきます。

 

地元で頑張られていらっしゃる企業様と 共に協力させて頂ける様に

精進していきます!

 

 

Updated on 2020-08-26

ステイホームを楽しむ情報誌。私たちも応援致します。過ごしやすい住まいで家族楽しく!

子育てマガジンの『クルール』ってご存知ですか?

普段なら 各幼稚園様や保育園様で保護者の方へ配布されたり、

県内各所の店舗等の店頭に置かれているフリーペーパーです。

ご存知の方も多いと思います。

『子育て』世代の方への情報はもちろん、

県内のグルメ情報から、ライフスタイルに関する豆知識まで

情報満載の冊子です。

おうち時間を使って自作のスウィートのレシピもたくさん・・・!

まだまだ続く暑さに負けない工夫や運動不足を解消するダンスの紹介も。

新型コロナウィルスの不安相談もあって、真剣に読んじゃいました。

 

私たちも、おうち時間を応援して協賛させて頂いています。

『家族』には、『小さな家族』であるワンちゃんやネコちゃん達も含まれていますよね。

『小さな家族』のペット達だって、色々なストレスを抱えて暮らしているんです。

そんな『小さな家族』達の為でもある 住まいをご提案しています。

『空気サラサラ』快適空間を実現できる住まいのご紹介です。

この住まいが実際に体感できる見学会を実施致します。

日時決定次第、改めて ホームページにてお知らせ致します!

『クルール』同様、よろしくお願い致します!

 

Updated on 2020-08-22

デザイン性を備えた重量鉄骨住宅ビルトインガレージ。オーナー様宅に伺っています。静岡県焼津市

お客様のこだわりデザインを形にできた時、

それは 作り手にとっても 嬉しい瞬間です。

そして 、その後何年経っても  変わらない想いを与えてくれます。

今日 お伺いしていますのは 築7年のオーナー様宅。

建物正面の壁に そのデザインのこだわりを見ることが出来ます。

沿岸にお住まいの為、潮風による劣化を恐れて

当初は躊躇されたホワイトの鋼製サイディング。

ガルバリゥーム鋼板で、しかも表面がフッ素加工された素材ですので

今も 眩しい位に ホワイトの光沢を保っています。

継ぎ目の無い縦張り施工の外壁。

その外壁周囲には、鉄骨のプレートを加工した見切り材。

亜鉛メッキした鉄材ですので、やはり 錆は見られません。

アクセントになっている二つの丸窓。

室内からこの丸窓を覗くと・・・、 なんと富士山がキレイに見えるんです。

静岡市清水区に住む私の家よりも しっかりと見えます。・・・羨ましい・・・。

 

そして こちらも お客様こだわりのタイル張りのビルトインガレージ部分。

見切り材や天井部分を黒の配色にして、とってもクラッシックでお洒落なイメージに。

ホワイトの外壁にも マッチしています。

室内だって とっても オシャレな仕上がりになっていて、

雑誌の中に出てくる様なインテリアなのです。

またの機会にご紹介させて頂ければ、思います。

今後も 永いお付き合い、よろしくお願い致します。 <m(__)m>