土砂災害・洪水から命を守る 重量鉄骨の住まい。静岡市

地球温暖化の影響でしょうか。

近年想定外の洪水や土砂災害が日本各地で発生しています。

静岡県でも土砂災害警戒区域18,000箇所の指定が完了し

今後はハザードマップを作成して住民への周知をするとの事です。

 

静岡市は、土砂災害の警戒区域の指定箇所が3,009カ所あるそうです。

 

お住まいの地域付近が警戒区域かどうかパソコンやスマホで確認できます。

 

「静岡県 土砂災害情報マップ」で、検索してみてください!

 

静岡市ハザードマップへのリンク  ・・・   静岡市防災情報マップ

 

当社が取り扱っている重量鉄骨構造の建物は、東日本大震災などの

津波被害にも多く耐えました。

津波に耐えた重量鉄骨3階建て

 

東日本大震災視察では仙台港に住宅の基礎が流れ着いていました。

 

重量鉄骨構造の住宅は、土砂災害や洪水にも対応できる災害対応住宅として

多くのお客様様からご依頼を受けています。

 

当社の重量鉄骨が津波・洪水・土砂災害に対応できる秘密・・・

基礎の下が最も重要! 軟弱地盤対策の杭工事です。

 

耐震基礎の鉄筋組みです。

 

深く大きい基礎が洪水や土砂に対応します。

 

太く頑丈な鉄骨の骨組みが自然災害に対応します。

 

最近の土砂災害対応住宅として建築していただいた物件です。

静岡市清水区  近くの川の扇状地に新築しました。

 

静岡市清水区  比較的山が近い地域で二世帯住宅に建て替えました。

 

静岡市駿河区 すぐ裏手には山があり、万が一の事を考えた住まい造り
ビルトインガレージハウスです。

 

津波対策住宅の施工例

沼津市の海に近い3階建住宅。
屋上まであがれる梯子を付け、屋上手摺は頑強に造りました。

 

焼津市

万が一の時、ペントハウスの上にあがり、家族の命を守ります。

 

 

 

 

お問い合わせ・資料請求は