津波避難タワーのある重量鉄骨3階建 静岡県沼津市

沼津地区の南海トラフ地震による被害は、最大震度6強、津波予想高約10m

到達時間は3分~9分と予想されています。

海岸・千本松原がすぐそこに見える、こちらの3階建てアイ・ディー・スリーのお宅には、

海抜17mになる屋上に津波避難スペースを設けてあります。

東日本大震災の南三陸町の防災センターは、何度も津波にのまれましたが、

重量鉄骨の躯体は残り、屋上の階段手摺につかまり耐えた方は助かりました。

地震災害に強いアイ・ディー・スリーに津波避難タワー。

いざという時には、ご自宅で避難でき、ご家族の命を守ります。

川澄避難屋上1.jpg

津波・浮遊物の衝撃に耐えるよう、重量鉄骨の躯体より親柱を溶接で固定した

亜鉛メッキ鉄骨の屋上手摺です。

川澄難屋上はしごまとめ1.jpg

緊急時には、子供・女性でも簡単に可動できるハシゴを登って

スチールの手摺に安全帯を引っかけて、津波からご家族の命を守ります。

川澄サンルーム.jpg

急に雨が降ってきても、インナーベランダなら洗濯物の心配はいりません。

朝日を浴びながら、朝食をとってみたり、使い方は色々です。

川澄内観.jpg

将来を見据えて、エレベーターを設置。

お部屋の使い方によって、スクリーンウォールを開閉して空間を仕切れます。

お問い合わせ・資料請求は