災害時でも安心して電源確保ができる住まい。災害時の非常用電源と安価な感震ブレーカーのご案内

 

 

当社の重量鉄骨住宅は、静岡県基準の地域係数1.2を超える地域係数1.5で
設計しており、地震や津波、そして最近多い諸々の自然災害に対応できる建物を
目指しています。

災害に耐えた後の生活を確保するための『非常用電源』と『安価な感震ブレーカー』
をご案内します。

まず、非常時用電源確保について・・・

私たちが住んでいる静岡県のみならず、日本の各地で、災害時に停電が多発しています。

災害時にはせめて、冷蔵庫やTV・主照明・スマホ・電子レンジの電源は確保したいものです。

既存の分電盤に、常時・非常時の切り替えブレーカーを取付ければ、停電時でも電気を使う事が出来ます。

※ただし、発電機が必要となります。 

※この分電盤は参考写真です。既存の分電盤の横に、別に非常用ブレーカーを取り付ける場合もあります。

停電時の電源確保の順序

①分電盤の非常用ブレーカ-を常時から非常時に切り替える。

②分電盤の必要回路(冷蔵庫・TV・主照明)以外の回路を切断する。

③発電機を回し、発電機用のコンセントに通電する。

必要な工事として

 ①分電盤に常時・非常時の切り替えブレーカ-取付工事 

 ②分電盤の非常用配線から発電機を置く位置までの配線工事 

費用については、当社までお問い合わせください。

続いて簡易感震ブレ-カ-取付について・・・

ご紹介するのは、大建工業の「ガルシャット」

揺れを感知すると強制的に漏電させてブレーカーを落とします。

取付けもコンセントにさすだけと容易です。

 ※コンセントの近くに機器を両面テープで設置します。

当社での販売価格は、税込¥10,000-です。

いつやってくるかわからない非常時に備えて・・・

皆様、是非ご検討ください。

 

 

アイ・ディー・スリー池田建設の「災害に備える住宅」のご提案

 youtubeをご覧ください。 ↓ ↓

 

1

1

 

 

 

お問い合わせ・資料請求は