池田建設 重量鉄骨住宅アイディースリーの住まいのQ&A

  • 新築に関するご相談
  • リフォームに関するご相談
  • 資金に関するご相談
  • 入居後のお手入れに関するご相談

自分がいくらまで融資してもらえるのか簡単にわかる方法は有りますか?

銀行など民間の金融機関では担保比率(土地の査定、建物の査定)、返済率(個人、世帯の総所得)、借入限度期間(年齢)、個別事情(お勤め先の状況や住宅ローン以外の借入金等)などによって借入限度額が決定されます。一般的にはその条件を当てはめておおよその借入限度額を試算できます。

金融機関によって異なりますが民間金融機関の所得による制限は下表のようになっていますので参考として下さい。

所得による制限.jpg

土地から購入して家を建てたいのですが、土地購入の手数料はどのくらい掛かりますか?

土地を購入する場合の仲介手数料ですが簡単な計算方式は、400万円を越える土地に対して土地の代金×3%+6万円+消費税が不動産屋さんに支払う手数料となります。
1000万円の土地を購入した場合36万円+消費税と言う事です。
その他にも所有権移転登記料や都市計画税などのお金も掛かってきます。希望条件で予算内の物件が見つかったからすぐに契約をし、あとから予想外の諸費用がかかることがわかり、結局、高い買い物になってしまった。
などのようなことにならないように、事前に確認できることは全て確認しておきましょう。

固定金利と変動金利のメリットデメリットがあれば教えてください。

固定金利、変動金利それぞれに特徴がありますが、重要なのはお客様のライフプランに合っているかどうかということです。
金利は安いが、社会の景気などにより金利が上がってしまうのが変動金利です。返済額がアップしても対処できる方は変動を選択しても大丈夫だと思います。
変動金利よりも金利は高いが複数年間金利の上昇がない固定金利の場合、子供の教育費が上がってしまう時期に金利の上昇で家計が苦しくなる事を抑制出来ます。
どちらを選ぶかは、それぞれのご家庭によって違います。

どこの銀行で住宅ローンを組むのが良いのか教えてください。

一言に銀行といっても、銀行や信用金庫の他に、労働金庫、JA、モーゲージバンク、ネットバンクなど様々な金融機関で住宅ローンの取扱いを行なっております。
お客様が何を望んでいるのかでお客様にとって良い形と言う物が変わってきますので私達がお客様へお勧めする金融機関もその都度変わってきます。
金利だけで考えるのか?個人や会社でのお付き合いをしている銀行を優先するのか?

お客様が現在、給料振込みとして利用している銀行さんに相談する事が1番無難だとは思いますが、何かご要望がお有りならばご相談下さい。

住宅ローンの頭金ってどのくらい用意すればいいの?

住宅取得をする際の頭金は、多いに越したことはありませんが、一般的には購入金額の2~3割あればよいといわれています。
頭金が多ければ多いほど、金利負担額が減り、総支払金額(月々の支払)が減るからです。

たとえば、現在賃貸にお住まいで将来マイホームを考えている場合、月々の家賃を払いながら貯金することになります。
頭金を貯めて総支払金額を減らし、返済負担 額を減らすのか、早くに住宅を購入し、家賃分を返済金額に回すのか・・・お客様のライフプランに合わせてご計画ください。

ローンを組む際の諸費用には何がありますか?

印紙税、ローン保証料、火災保険料、事務手数料などがあります。
これらはすべて現金でのお支払いになりますので、ご予算をお立てになるときにご注意ください。その他にも登記に伴う費用、税金などが必要になります。だいたいの目安ですが、工事代金の7~10%程度です。

自己資金が少ないのですが、融資相談もしてもらえるのですか?

自己資金がないケースでも多くの方がマイホームを実現していますので、まずは一度シュミレーションをさせてください。

自己資金を貯めてからと、まだ何年も高い家賃を払い続けるよりは、早く購入されたほうがお得かもしれません。

お問い合わせ・資料請求は