• ホーム
  • #バリアフリー リフォーム

室内に潜む危険。お家生活で注意が必要な『転倒』に備えましょう!

コロナ禍の中、休日のお家自粛生活も ずいぶん長くなって参りました。

新聞でも特集記事が組まれていましたが

『室内での転倒事故』が増えているそうです。

その原因は、と言いますと 『加齢・病気、そして運動不足』。

コロナ下の運動不足によって脚力が衰えて転倒のリスクが高まっている、

なんですね。

確かに、私も 普段の仕事では デスクワークと自動車の運転がほぼ毎日。

休みの日は、家でゴロゴロ、なんて生活を続けています。

少しでも体力維持の目的に 朝の散歩は続けていますが

・・・確かに不安は隠せませんです。

 

そんな不安を取り除く手段として、

お家の中の危険個所の改善が必要なんですよね。

段差の解消、手摺の取付、歩行通路の確保・・・。

まだまだ高齢、だなんて言ってられない私ですが、

玄関に上がる時、階段を昇る時、お風呂の出入り時・・・等々、

とにかく 手摺をしっかり掴んで 、足元をじっくり確認して

ゆっくりと、その『手摺に頼って』生活しています。

最近は視力も 衰えた感出てきてしまっていますので

なおさらです。

 

安全なお住まいのご協力をさせて頂くのは

『福祉住環境コーディネーター』の役割でもあります。

建築の知識に併せて、福祉の知識も持ち合わせていますので

ケアマネージャーさんと協力して、

在宅介護時、住宅改修のご相談にも 乗らせて頂きます。

弊社では、他にも

静岡県『高齢者対応住宅相談員』の研修を修了した者も在籍しております。

お困りごとがございましたら、

どうぞ、こちらからお問合せください。

 

お話しは変わりますが・・・、

本日お邪魔していますお客様宅の前には

たわわに実った稲穂が黄金色に輝く田が広がっています。

夕日を浴びてキラキラ輝いています。

もうすぐ稲刈りの時期が来るんですね。

稲穂って、強風にも しなやかに揺れながら耐えている様子が

『どんな困難にも負けない様』として、

様々な自然災害にも立ち向かっていく人間の姿に例えられます。

今のこの未曾有な状況にも、きっと この稲穂たちの様に

乗り越えていける事を信じて 稲穂を見つめてしまいました。

・・・今週末、予想されています台風にも耐えて欲しい、

と願いながら、現場を後にしました。