『趣味を楽しむ健康な家』応援致します。静岡市

またまた、雲一つ無い とってもキレイな青空です。

『気持ちいい~!』なんて、思いっきり背伸びして美味しい空気を吸い込みます。

快晴の朝を迎えました。

 

ところで、新規感染者数がめっきり減少しましたので

『アフターコロナが来た?』、等と思いたいところですが

いえいえ まだまだ 油断大敵な冬が訪れますので

今がこれからの常識と考えて

『ニューノーマル』な生活を楽しもう!という方々が増えているんですね。

 

働き方も、プライベートな事でも、

『今の変化』にどう対応して、自分自身や廻りの方々の変化を受け入れていく。

・・・なんて 言葉で言ってみましても 簡単な事ではないのも事実です。

こんな事を聞きました。

これからの変化に対応する為に一番効果的なのは

『自分の能力を高めて磨いていく事』との事です。

今までとは違う『社会環境』と『常識』に戸惑ってばかりではダメですよね。

現代は『VUCA(ブーカ)時代』と呼ばれていて

先行き不安定な時代です。

そんな時代に合わせて柔軟に自分を変えていく力、

『自己変革力』が必要になるんです。

・・・すみません、とても偉そうな事をベラベラ述べてしまいました<m(__)m>

 

今、私たち会社では、『趣味を楽しみ健康に住む家』プロジェクトを進行中です。

(またまた大袈裟なプロジェクトなんて言ってゴメンナサイ)

『耳や目で楽しむ趣味』『身体全体を動かして楽しむ趣味』

とにかく前向きにご自身を高めて行く事をお考えのお客様を

『住まい環境』から 応援していきます!

静岡市清水区にて計画中のお住まい。

これから、建築中情報を随時 お届けいたしますので

どうぞ、お楽しみにしてください。

☞☞☞『趣味を楽しみ健康にする家』の着工情報はこちらからどうぞ。

 

 

・・・以前お伝えしました 近所の公園にある『椿』の花のその後です。

たくさん花が咲いて来ました。

花びらが散っていませんので、

やはり『椿』だろうと確信しながら、

その鮮やかな花の色に 見とれてしまっています。

厳しい寒さにも負けない『椿の花』にちょっとの元気をもらったと、

勝手に妄想している カバっちの独り言でありました。<m(__)m>

 

 

津波・地震と戦う重量鉄骨の住まいは「基礎構造違う

 

重量鉄骨3階建てEV付ビルトインガレージ

 

「夏涼しく・冬暖かい、断熱等級4の省エネ基準適合住宅」

● 移動が楽なエレベーター設置により、LDKは日当たりを考えて2階に、
3階は風薫るベランダのある寝室とウォークインクローゼット・書斎にしました。

● LDKの通し間に小上がりの和室や雨の日も安心して洗濯物が干せる                 サンルームを設けました。

● 家族がそれぞれの趣味をそれぞれに楽しめる間取りです。

● ビルトインガレージに土間の物置を設け、趣味の畑仕事で使ったものを仕舞って              おけます。

 

 

 

 

【重量鉄骨アイ・ディー・スリーでつくる住まいとは】

25cm角の太い重量鉄骨鋼材はビルやマンションにも使用されています。
4寸桧柱40本分の圧縮強度があり、鉄骨柱の肉厚は9mm~16mm。
耐震等級はもちろんレベル3を標準として1棟、1棟構造計算を行います。
家族を守る住まいを消防署と同じ耐震強度でつくっているのです。

鉄骨111.jpg

こちらをご覧ください。  →  重量鉄骨住宅の強み

 

1

 

【見学会開催でのコロナウイルス感染症予防について】

・コロナウイルス感染症予防の観点から事前受付の完全予約制にて開催いたします。

・イベント会場にはマスクの着用をお願い致します。
手袋、消毒液は弊社がご用意したものをお使いいただけます。

 

【ご予約に関してのお願い】

ご予約は、12月9日(木)までとさせて頂きます。

お申込みフォームから、申し込みをされる場合は

備考欄に見学ご希望の日時を、第二希望までご記入ください。

申し込み順となりますので、予めご了承ください。

 

 

11月というのにポカポカ陽気の休日。

海岸沿いの公園をウォーキング中、汗ばむ暖かさに

思わず上着を脱いでしまいましたが、

次の瞬間、見掛けたものに衝撃を受けました。

毎年 2月頃に開花する『薄寒ざくら』の花が咲いていました!

一度寒くなって、また暖かくなったので

勘違いしちゃったんでしょうか?

確かに まるで初春の様に暖かい日々ですが、

それにしても気の早い 『寒ざくら』さんです。

 

今、イギリスで開催中のCOP26会議では

地球温暖対策に消極的な各国首脳に猛然と抗議する

『グレタ・トゥーンベリさん』はじめとする若者たちが

ニュースでも大きく取り上げられています。

 

実際に、先程の様な 自然界の変化を目の当たりにしますと、

まさに現実を突きつけられている様です。

 

建築の世界でも、温室効果ガスの排出量削減を目標とする

『省エネ基準』が住宅設計として勧められているんです。

『アイディースリー』でも『省エネ基準住宅』を標準仕様と定め

お客様への説明義務を続けています。

 

『アイディースリー重量鉄骨住宅』の『省エネ基準住宅』が

現在、静岡市清水区にて建築中です。

只今、基礎工事中で ホームページ内『カメさんブログ』でも

その様子をお知らせしておりますが、

完成すると見えなくなってしまう基礎や鉄骨等の

『頑固な構造』を見て頂ける見学会も随時 ご案内していきます!

『趣味を楽しみながら健康に暮らす重量鉄骨3階建てエレベーター付ビルトインガレージ』

・・・とっても長いタイトルですみません。<m(__)m>

・・・こちらのお住まいの情報は ☞☞☞ こちらをご覧ください。

でも、担当者が伝えたい事を書いたら こんなに長くなっちゃいましたです。

 

『省エネ基準住宅』『重量鉄骨住宅』『頑固な構造』・・・、

気になられた方は・・・こちらからお問合せください!

 

カメさんブログもお楽しみください!

 

変形地に対応する重量鉄骨の住まい                          ビルトインガレージ付3階建て住宅

 

12月着工予定

 

● 土石流など 『もしもの自然災害』 に負けない強い構造の住まい

● 三角形に近い変形敷地に合わせた、重量鉄骨だからこそ出来るプラン
建物から迫出すオーバーハングも使い、他の構造では難しい形状の建物です。

● 1階部分はビルドインガレージなので雨の日も濡れずに車から玄関へ移動
大きな荷物の出し入れや、小さなお子様が居てもビルドインガレージなら安心

● 大型倉庫と外トイレも完備しているので自宅でお仕事をする方や、事務所付き
店舗付きのお住まいを検討される方には参考になるプランニングです。

● 花粉やPM2.5の飛散時期には役立つランドリー室+室内物干しスペースを完備

 

間口:2.99m~5.27m(1.6間~2.9間)

延床面積:198.99㎡(60.18坪)

*ガレージ部を含む

 

 

 

【重量鉄骨アイ・ディー・スリーでつくる住まいとは】

25cm角の太い重量鉄骨鋼材はビルマンションにも使用されています。
4寸桧柱40本分の圧縮強度があり、鉄骨柱の肉厚は9mm~16mm
耐震等級はもちろんレベル3を標準として1棟、1棟構造計算を行います。
家族を守る住まいを消防署と同じ耐震強度でつくっているのです。

鉄骨111.jpg

こちらをご覧ください。  →  重量鉄骨住宅の強み

 

 

 

先週は まだ暑くて、薄い上着も脱ぎ捨てて シャツを腕まくりしていた私でしたが、

今週は いきなりの寒さに、

その薄い上着だけでは我慢出来ない位にブルブルッ、と身体を固めてしまっています。

そんな 寒暖差についていけない老体を抱えながら、

でも、ふと気付くと 足元ばかり見つめながら歩いていまして

『顔を上げて行かなきゃ。廻りも見れてないなぁ、』

なんて 自問自答ばかりしている今日この頃であります。

 

さて、本題に戻りますが

静岡市で先日まで行われていました

『重量鉄骨住宅リフォーム』の完成見学会に 私も行って参りました!

もうその姿は 新築住宅の様な 出来栄えで

スタイリッシュな仕上がりに  しばらく見とれてしまいました。

前面道路も広くなく、ご近所にも駐車場はありませんでしたので

この様な広いビルトインガレージのスペースはとても貴重なんですよね。

余裕で3台の駐車が可能ですね。

こんなに広い間口も、重量鉄骨構造の成せる技です。

各階にベランダが設けられていて

今回のリフォームでは、防水も全面リニューアル工事を

実施して頂きました。

屋根へ向かう屋外階段が見えています。

屋上~屋根スペースには太陽光パネルが多く設置されています。

災害時の停電の際には その威力を発揮すると共に

お客様の環境問題に対しての取組みの表れ、となっています。

『重量鉄骨住宅』なら、その構造を生かして

外観・内装を自由にリフォーム・リノベーション出来ます。

地震災害に強く、3世代に渡って住まれるご家族を守る『重量鉄骨住宅』

『重量鉄骨住宅』をもっと詳しくお知りなりたい方は

・・・こちらからお問合せください。

 

 

・・・またまたお話しは変わりますが、

こんな景色を見付けました。

そばの花が満開の畑です。

最近テレビで、信州などで『そばの花が満開!』なんて話題を見ていましたが

静岡県内でも この様な景色を見れるんですね。

静岡県東部、通っている現場の途中に そば畑は ありました。

きれいな『そばの花』に見とれながらも

新そばを食べれるのが待ち遠しい!

・・・なんて、相変わらず食い気優先のカバっちがお届けいたしました。