2022年の色は明るい希望の色です!

突然ですが、朝早く起きて見る『朝焼けが滲んだ空』を見るのが好きです。

薄いオレンジ色の朝焼けと、少し明るくなってきた薄青い 空色のコントラスト。

何か勝手に希望に満ちたイメージに包まれてしまうんです。

そして、明るくなってきた青空。

『空色』とか『水色』と言いますか、とにかく微妙な薄い青空。

『空色』は マンセル記号で言いますと「9B  7.5/5.5」

『スカイブルー』とも言われて 『明るい青色』とされています。

『水色』(ウォーターグリーン) 『淡い緑みの青色』なんて表されてもいるんです。

・・・すみません、私の好きな色はさて置きまして (-_-;)

冒頭に述べました『朝焼けのオレンジ色』が何故 美しいのかをボンヤリと考えていましたら

『2022年の色』なんて記事を見付けました。

毎年、その年に流行する色は

『その時代の生活者の気分・時代のムード』を敏感に反映している、として

色への関心を高める目的で、『一般社団法人 日本流行色協会』さんが

設定いるんです。

来年2022年の色は

オレンジ色の様な 『ジョリーコーラル』

ビビット・イエロイッシュ・ピンク、とも言われるそうですが、

『明るく希望を描く光満ちるコーラル』として

前に進む力・鮮やかな世界・楽しみの再確認・瞬発力等を表す、との事。

ちなみに、2021年の色は『ゼロホワイト』でした。

まさにゼロから始めるタイミングの年、とされていたんです。

『オレンジ色』はとってもポジティブ感有りますよね。

まだまだ不安だらけで全世界が行き先を模索している状態だと思いますが、

オレンジ色から ポジティブな力を貰って、前向きで明るい新年を信じたいものです。

 

・・・オレンジと言えば、我が町の『エスパルス』。

J1残留を果たして来年はもっと飛躍出来る様に願うばかりです。

お客様やお仕事仲間の中にも『エスパルス』を共に応援してくれている方が大勢います。

いつかは、そんな人達と一緒に祝いの美酒で乾杯し合える日を心待ちにしながら

まずは自分自身がポジティブに行動しよう! なんて呟く カバっちの長い独り言でありました。

お付き合い、ありがとうございます。