Updated on 2022-04-05

久々の快晴! 大きな虹も見られて 新年度も頑張ります!

久々の快晴の朝を迎えています!

『春に3日の晴れ間なし』なんて ことわざがあるくらい、

今の時期は 高気圧と低気圧の移動速度が速くて

天気変化が早いそうですが、今週はしばらく好天が続くようです。

そして 昨日の夕方、思わぬ 天からのサプライズを頂きました。

静岡市清水区にて、東の空に大きな虹が登場!

場所によっては、二重に輪が見えたりして

皆さん、スマホをかざして シャッターを切りまくっていましたです。

 

そんな 昨日までの強い風と雨の影響でしょうか、

今朝、街中の歩道の上には たくさん 桜の花びらが 落ちていました。

まさに 『花散らしの雨』となりましたですね。

今日から 気温も上がって、いよいよ春本番となりそうです。

私たち会社のすぐ近所の公園では、

チューリップがまさに花開こうとしているところ。

その足元には

つくしんぼが お目見えしていました。

 

さぁ、今日も わが社のつくしの様な若い新人さん達と一緒に

元気に頑張って行きたい! と張り切っている カバっち でございました。

 

Updated on 2022-04-02

2022年度新年度、新人研修始まりました!

4月1日、私たちの会社でも 新人社員さんの入社式を行わせて頂きました。

早速 これから、新人研修の始まりです。

本社から静岡支店へと、それぞれの拠点にて入社式を行いまして、

その後 明日からの『重量鉄骨住宅・構造見学会』の現場に立ち寄りました。

 

現場では、大工さんが内装工事中。大工さんたちに新人さん達を紹介して

『これからお願いします!』と元気に挨拶を交わしましたです。

現場の前で記念撮影。

マスクをしていると表情がわかりませんが、

・・・とっても緊張している様子がカメラ越しに伝わってきました。

これから、一つ一つの事を学んで覚えてもらい、

お客様や業者の方々、多くの人との出会いが人生の糧となれる様に

私を含めて先輩たちが一生懸命 指導させて頂きます。

 

現場の裏道には、さくらの花が満開!

曇天の為、桜のキレイさが写真には表現出来ませんでしたが

初々しい新人さん達の新しい門出を応援してくれている様に思えました。

・・・もっと くだけたポーズを依頼すれば良かったのかなぁ、

なんて、実は 私も 新人さん達の前で緊張していて余裕が無かったんですよね。

 

これから、よろしくお願い致します。<m(__)m>

 

Updated on 2022-04-02

『昭和のクルマといつまでも』にお客様が登場!早速 私も追加取材に行きました!静岡市

突然ですが、

BS朝日放送で放送されています『昭和のクルマといつまでも』を見ていて

思わず 腰が抜けてしまいました。

今回 最終回のその番組の中に 私たちのお客様が登場!

『すご~いっ!』と 見入ってしまいました。

お客様の昭和のおクルマは、『ハコスカ』ことスカイライン2000GT。

実は、そのハコスカ君の為のビルトインガレージ リフォームを手掛けさせて頂いたんです。

その様子は当時のブログから・・・こちらをご覧ください。

 

そんな訳で、早速 私もお客様の所へ 突撃取材です。

新入社員も引き連れて お客様の所にご挨拶に伺いました。

その愛車には 一生乗られる、とおっしゃっていましたが、

奥様と一緒に乗られているところを良く見掛けています。

でも、メンテナンスも含めて 本当はとても苦労されていると思います。

そんな苦労など微塵も感じさせない程の愛情を感じた次第でありました。

『昭和のクルマといつまでも』ですよね。ありがとうございました!

 

・・・今から8年前になってしまいますが

今回のお客様のお友達様が集まって頂いたイベントを企画した事がありました。

『ビィンテージ・クラッシックカー フェスティバル』です。

(名前は大袈裟ですが、本当は“夏のカメ祭り”と称していました。)

その時の事を思い出しましたので、その記憶を少し呼び覚ましてみます。

ご夫婦揃って ご自慢の愛車を披露して頂き、他にもお料理教室も開催しまして

多くの皆様に参加して頂いたイベントでした。

静岡市駿河区曲金2丁目3-8にございます、

『オープンギャラリー 1 2 3 (ワンツースリー)』では、

今後 コロナ感染症の状況次第ではありますが、

この様なイベント開催の再開を検討しております。

『アフターコロナ』の中でも出来る新しいイベントを模索していきたい!

と、スタッフ一同 考えて行きます!

今後も よろしくお願い致します。 <m(__)m>

 

 

 

 

 

Updated on 2022-03-31

重量鉄骨住宅、お引渡しさせて頂きました。静岡市

怒涛の様な年度末、3月も 終わろうとしています。

世の中の皆様も、新年度に向けて 色々な変化に対応すべく

頑張っておられると思います。

私は と言えば この年度末なのに、3度目のワクチン接種の予約を入れてしまいまして

尚更 バタバタしてしまっている次第であります。

ブログの掲載も少し疎かになってしまいまして、すみませんでした。<m(__)m>

ワクチンの副反応が出ない事を願いながら 今日もブログを書かせて頂きます!

 

先週、完成現場見学会を実施せて頂きましたお客様宅、

本日はお引渡しに同席しております。

『街中の貴重な土地を有効利用した重量鉄骨住宅』。

ご覧の通り、前面道路も広くない条件ですが、

その限られた土地を有効利用して 建てさせて頂きました。

駐車スペースもちゃんと確保しています。

この様にはね出す事を『オーバーハング』と言います。

重量鉄骨構造ならではないでしょうか。

お部屋の中は、と言いますと とても落ち着いたデザイン。

レトロ感溢れる内装調と照明器具が、

しかし、シンプルで嫌味の無いスッキリとした印象を感じさせます。

弊社のホームページ内、『完成ギャラリー』でも

内装インテリアをご紹介させて頂きます。お楽しみにお待ちください。

 

・・・さて、お客様へのお引渡し説明に来てくれていました

電気屋さんと、弊社現場監督の『キタ』君。

工事期間中は お疲れ様でした。ありがとうございます。

でも、これからが本当の意味での お客様とのお付き合いなんですよね。

これからもよろしくお願いしますよ!

 

・・・何とか、ワクチン副反応も出ずに行けそうな感じです。

今度は 新年度の始まりです。

私たちも、新しい仲間を迎えます。

今度は、その新しい仲間たちとの奮戦記をお届けできると思いますので

今後も 私の独り言に、どうぞお付き合いくださいませ。<m(__)m>

ありがとうございます。

 

 

Updated on 2022-03-18

地元の名刹、『清見寺』で 春を感じて来ました。静岡市清水区。

私たちの地元、静岡市清水区にあります『清見寺』にお伺いしています。

この度、災害復旧工事を請け負わせて頂く事になりまして、

そのご挨拶に参った次第であります。

『清見寺』の境内では それぞれの季節を彩るお花を見る事が出来るのですが、

以前は『蓮の花』や『ロウバイ』をご紹介しました。

本日お届けしますのは、『臥龍梅』。

遅咲きの梅なのですが、

その歴史は凄いんです。

徳川家康がこのお寺に来遊された際、門前の『清見潟』の梅の木を取らせて

この場所に接樹されたものと伝えられているんです。

家康没後、400余年経った今も、こうして清見寺のお庭に生き続けています。

龍が天にのぼるがごとく 天下人になった徳川家康に ちなんで

いつしか『臥龍梅』と呼ばれるようになったこの梅の木。

お酒好きの方なら、日本酒の静岡吟醸『臥龍梅』を想い浮かべるでしょう。

『臥龍梅』の由来を基に命名されたそうです。

・・・私も臥龍梅にあやかり、上昇気流を目指したいなぁ、なんて

もごもご 呟きながら境内を歩いております。

 

こちらは 『ハクモクレン』。

残念ながら満開過ぎて 花びらが散り始めていました。

上に向かって咲く大きなお花を見て

小さい頃は 、お釈迦様の手のひらの様に見えたり

お釈迦様の台座の様に見えたりして、不思議な印象が強いお花でした。

普段は じっくりと眺める事が無いお花たちに

じっくりと見入ってしまった次第であります。

 

更に本日は、たまたま お寺にいらしていた

郷土史家として幅広くご活躍中の 渡邊康弘先生とお会いする事が出来ました。

以前 NHKの『ブラタモリ』にもご出演された事のある

地元では有名な先生なのです。

残念ながら 御多忙な先生は すぐに 他のご予定に出掛けてしまいまして

ゆっくりお話をすることが出来ませんでしたが

また別の機会にお会い出来る事を願って 先生の背中を見送らせて頂きました。

 

『龍臥して 法の教えを聞くほどに  梅花開く身となりにけり』

歌人 与謝野晶子女史が清見寺の臥龍梅を題して詠まれた句だそうです。

学識の乏しい私ですので その句の本意は感じ取れないと思いますが

何とか雰囲気だけでも掴めないものか・・・、と瞑想にふけるカバっちの独り言でありました。