明けましておめでとうございます。

2022年、明けましておめでとうございます。<m(__)m>

今年もよろしくお願い致します。

 

今年の元旦の朝は この冬一番の寒さとなりましたが

とても良いお天気となりまして、

初日の出も とってもキレイに見えましたですよね。

 

 

 

 

晴れ上がった 伊豆半島の上から お日様の登場です。

 

 

2022年の色『ジョリーコーラル』の朝焼けに染まっています。

希望の色に包まれて、2022年が始まりました!

『希望に包まれた年になります様に!』

そう、願いながら 手を合わせました。

 

・・・その後、近所の神社にて 初詣。

引いたおみくじは・・・、

 

 

見事に『大吉!』

気を引き締めて一年を過ごす事を改めて 心に誓った次第であります。

 

 

 

 

『笑うかどには福来る!』

今年は、これまで以上に 前を向いて笑顔を絶やさずに!

干支の寅さんに負けない様に 笑顔で居られる様に努めて行きます!

 

今年も『カバっちのつぶやき』にお付き合い頂けますよう

重ねてよろしくお願い致します。<m(__)m>

 

 

 

今年もいよいよ後 3日となりました。

皆様におかれましては、

大掃除や新年に向けての準備に大忙しの毎日ではないでしょうか。

2021年もコロナに明けてコロナに暮れる一年でしたよね。

年末は 明るい兆しの中で、来年への希望が多いに高まっていましたので

どうか、『オミクロン株』がこれ以上増えない事を願うばかりです。

『コロナ禍』が生み出した負の連鎖によりまして、

資材不足や原材料高騰等の影響も社会の問題として継続してしまっています。

 

・・・新しい2022年は、それでも前向きな気持ちを社員一同持ち合わせて

『笑顔』でお客様と向き合っていきます!

2021年は大変お世話になりました。<m(__)m>

2022年も よろしくお願い致します。

 

『Z世代』の若者たちと話し合う機会がありました。

『Z世代』って何?って事ですが、1990年以降に生まれた若者たちの事ですよね。
私は1963年生まれなので、『X世代』だそうです。
『X世代』は新聞・TV等のマスメディア情報の時代。
『Z世代』はもちろん今のインターネット環境での情報収集が当たり前の人達。
『Z世代』の人達は『社会・環境問題』についても、とても関心が高いと言われています。

特にその後の『コロナ禍』がもたらした急激な社会情勢の変化と大きな不安に対して
目の前の現実に一番向き合わざるを得なかったのかもしれません。
『リモートワーク』真っただ中の若者や、
自粛生活で抑制されてしまった学生時代を送り、これから社会に出て行く人たち。
そんな『Z世代』の皆様が、これからの時代を背負っていくのも事実です。

『Z世代』の若者たちと向き合うと、自分達との価値観の違いを感じるのは当然ですが、
でも、だからこそ これからの時代に必要な強い意識を感じる事も出来ます。

以前、弊社の社員さんにこう言われた事があります。
『今の子供たちは授業でSDGsを学んでいる時代なのに、大人がSDGsについて知らないのはおかしい!』
と一喝されたものです。

建築も『SDGs』に向き合う必要性が高い世界です。
『災害対策』『環境問題』『まちづくり』・・・。
持続可能な目標設定に向けて日々の行動が必要である事、改めて再認識しているところであります。





私の子供たちも『Z世代』ですので
意見を聞いて参考にさせてもらっています。
今までの常識に捉われる事無く、若い人たちの柔軟な発想を大事にしていたいと、
感じた次第であります!

ホントは、『SNSでも若い人たちに負けたくないよ~⁉ 』なんて 
もがいている、初老のカバっちの長~い独り言でした。

 

今週前半でしたが、とても強い雨風に見舞われた日がありましたね。

しかし、その翌日からは すっかり晴れ上がった天候となり

まるで空が前より高くなった様な感じがするほど

青く澄んだ青空を見る事が出来ています。

富士山だって、今までで一番の雪化粧を見せてくれています。

じっくり見ていますと、その壮大さに引き込まれてしまいそうになるんです。

毎日、こんなキレイな景色を見る事の出来る幸せを

一人、噛み締める次第であります。

そうは言いましても、あわせて『寒さ』も厳しくなって参りました。

朝の寝起きがつらい、お風呂に入る前、そして出た後が寒い・・・。

そんな『寒さ』に対抗すべくリフォームをご提案する相談会が始まります!

『子育て世帯・若者夫婦世帯』に対して、省エネ改修工事の

補助金を貰う事が出来る事業が始まります。

『何の工事が対象?』『いくら補助してもらえるの?』

これから、『カメさんブログ』の中でご紹介していきますのでお楽しみに。

 

そしてそして、びっくりしました、

山梨県と和歌山県にての地震発生! 『大地震との関連性は?』

『富士山の噴火と関係あるの?』・・・等々、色々な情報が飛び交いましたが

とりあえずは それらとの関係性は考えられない、との見解で 一安心。

 

でも、やはり“地震大国・日本”に住んでいる事を改めて思い知らされてしまいましたよね。

 

いつ来るかわからない『地震災害』。

その災害から皆様の命を守りたい。

安心・安全の重量鉄骨住宅『構造見学会』が行われます。

完成してしまうと見えなくなってしまう

『頑固な構造体』を見て頂ける、今しかできない見学会です。

予約制にて実施予定です。

ご興味のある方は 0120-844-384  までお問合せください!

 

 

11月というのにポカポカ陽気の休日。

海岸沿いの公園をウォーキング中、汗ばむ暖かさに

思わず上着を脱いでしまいましたが、

次の瞬間、見掛けたものに衝撃を受けました。

毎年 2月頃に開花する『薄寒ざくら』の花が咲いていました!

一度寒くなって、また暖かくなったので

勘違いしちゃったんでしょうか?

確かに まるで初春の様に暖かい日々ですが、

それにしても気の早い 『寒ざくら』さんです。

 

今、イギリスで開催中のCOP26会議では

地球温暖対策に消極的な各国首脳に猛然と抗議する

『グレタ・トゥーンベリさん』はじめとする若者たちが

ニュースでも大きく取り上げられています。

 

実際に、先程の様な 自然界の変化を目の当たりにしますと、

まさに現実を突きつけられている様です。

 

建築の世界でも、温室効果ガスの排出量削減を目標とする

『省エネ基準』が住宅設計として勧められているんです。

『アイディースリー』でも『省エネ基準住宅』を標準仕様と定め

お客様への説明義務を続けています。

 

『アイディースリー重量鉄骨住宅』の『省エネ基準住宅』が

現在、静岡市清水区にて建築中です。

只今、基礎工事中で ホームページ内『カメさんブログ』でも

その様子をお知らせしておりますが、

完成すると見えなくなってしまう基礎や鉄骨等の

『頑固な構造』を見て頂ける見学会も随時 ご案内していきます!

『趣味を楽しみながら健康に暮らす重量鉄骨3階建てエレベーター付ビルトインガレージ』

・・・とっても長いタイトルですみません。<m(__)m>

・・・こちらのお住まいの情報は ☞☞☞ こちらをご覧ください。

でも、担当者が伝えたい事を書いたら こんなに長くなっちゃいましたです。

 

『省エネ基準住宅』『重量鉄骨住宅』『頑固な構造』・・・、

気になられた方は・・・こちらからお問合せください!

 

カメさんブログもお楽しみください!